top of page
  • 篠路整形外科

第57回 日本作業療法学会

更新日:5月22日

令和5年11月10日~11月12日、第57回日本作業療法学会が行われました。当院からは作業療法士の林が参加し、ポスター発表を行いました。


発表した演題は「体表エコー検査による母指CM関節固定肢位の検討―掌側外転45°位での橈側外転の比較―」で、以前から当院で行っている母指CM関節に関する研究の一つとなります。母指CM関節症の治療では、装具を用いた治療の効果が示されておりますが、関節の位置に着目して生体を観察した研究は少ない現状でした。この研究は、関節の状態をリアルタイムで評価できるエコーを使用し、関節の位置について検討したものです。


フロアからもたくさんのご意見をいただき、貴重な経験ができました。今回の発表を御聴講下さった先生方に御教授頂いたことを今後の治療、研究に活かし、研鑽していきたいと思います。

作業療法士 林









コメント


bottom of page